治療が必要になる頻尿

治療が必要になる頻尿

頻尿といっても、水分をたくさん摂取すると、トイレに行く回数は増えますし、大切な会議の前などに緊張して度々トイレに行きたくなるという人も多いものです。
頻尿の定義として、日本泌尿器科学会では、起床から就寝までに行くトイレの回数が8回以上の場合に頻尿としています。
そのように定義はされていますが、きっちり8回以上になったら治療が必要になるというわけでもなく、トイレに行く回数が増えて不快に感じられる場合に、受診を検討するとよいでしょう。頻尿の場合には、泌尿器科のあるクリニックを受診することをお勧めします。
一般的な検査としては尿検査と問診が行われることが多いようです。
尿検査で細菌が検出された場合には、抗生物質などで治療を行います。
感染が原因の場合以外にも、前立腺肥大症や過活動膀胱などの原因により頻尿となることもあります。
また、子宮がんや直腸がんで手術をした後に、トイレが近くなることもあります。また、夜間だけ頻尿という場合もあります。
夜に何度もトイレに起きてしまう原因として、寝る前に水分を取り過ぎていることが考えられます。
その他に、心臓や腎臓の機能が低下した場合にも、夜のトイレの回数が多くなることがあります。
また、糖尿病や睡眠時無呼吸症候群が隠れている場合もあります。
夜間の頻尿は、回数が増えるにつれて睡眠の質が低下してしまいますので、気になるときには早めに専門のクリニックで相談することをお勧めします。