頻尿とノコギリヤシと俺と仕事

頻尿の症状と原因について

頻尿とは尿の回数が多いことを言います。基準としては起きている間に8回以上、就寝中に2回以上の排尿があると頻尿ということになります。しかし体質的に元々尿の回数が多い人もいますから、8回以上で必ずしも異常ということにはならない場合もあります。反対に8回以下でも多いと感じれば異常がある場合もあります。膀胱に尿をためられる量にはそれほど個人差はないのですが、尿意を感じる量には個人差があるのです。

 

頻尿の原因にはさまざまなものがあります。過活動膀胱は尿がそれほどたまっていないのに強い尿意を感じてトイレの回数が増えるものです。これは前立腺肥大の人に多く見られますが、排尿障害があるため膀胱が過敏になってしまうというものです。他にも脳卒中やパーキンソン病などで膀胱のコントロールがきかなくなったり、加齢によるものや原因不明のものもあります。
神経性頻尿は、尿意を気にしすぎるため少しでも膀胱に尿がたまると尿意を感じるようになってしまう状態を言います。緊張やストレスから何度もトイレに行きたくなったり、トイレを我慢せざるを得なかった経験などから発症することが多く、日常生活にも支障をきたします。
排尿後も膀胱内に尿が残る残尿も、頻尿の原因となります。前立腺肥大や糖尿病、椎間板ヘルニア、子宮がんなどの手術で膀胱を収縮させる神経に障害が残ると発症します。

 

頻尿は単なる水分の取りすぎでも起こることがありますが、そうではなく病気に関わるものであれば、専門医の診断を受け原因を明らかにして治療する必要があります。

高齢者に身近な「頻尿」問題

一般に、成人の排尿の1回量は200〜400mLと言われ、1回の排尿時間は20〜30秒、長めの人でも1分以内です。
排尿間隔は3~5時間に1回で、夜寝てから朝起きるまではせいぜい1回、1日の排尿量は1000〜1500mLです。
肺尿量は、発汗する夏場や運動の後では少なめになります。
頻尿の定義は、トイレ回数が日中で8回以上、夜間で1回以上あることを言います。頻尿を訴える症状の1つに多尿があります。
通常の生活において、1日あたり排出される水分量は2?から2.5?といわれますから、食物から摂取している水分や、体内で発生する代謝水を加味して、1日2.5?を超える水分摂取は多飲多尿となる可能性が高く、正常な腎臓機能を持っている人でも、頻尿になります。
一方で、尿の1回量が200mL未満になると異常値とみなされ、何らかの理由で膀胱の容量が小さくなっていることが考えられます。
また、1回に出る尿量が減ってくる、残尿があるために、200mL膀胱でたまっていても1回量は少なくなり、結果的に膀胱が小さくなったことと同じで回数が増えます。
夜間、尿量が減るのは、抗利尿ホルモンが放出されるためですが、高齢になるとその分泌が減ってくるので、夜間トイレに行く回数がふえていきます。
さらに、高齢者は睡眠が浅いために、目が覚めたついでにトイレに立ってしまうとか、おしっこのせいで目が覚めたと勘違いしていることがよくあります。
この場合は、睡眠薬などで、深い眠りを誘導すれば、夜間頻尿が減ってきます。
その他、年齢に関係なく病的なものとして、心因性頻尿と呼ばれるストレスが原因で起こる頻尿や、過活動膀胱が原因の場合もあります。

頻尿とはどんなものか

頻尿というのは、尿が近いとか尿の回数が多いという症状のことをいいます。一般的には朝起きてから夜寝るまでの間に8回以上の尿が出る場合のことをいいます。しかしこれはあくまでも一般論で人によってはこれより少ない回数であっても以前より多いと感じるようであれば、頻尿と定義されます。
また症状も非常に多彩でそれぞれがいろいろな原因を持っています。
まずは膀胱が勝手に収縮してしまい、自分の意思とは関係なくトイレに行きたくなってしまうものがあります。
原因は様々で加齢によるものもありますし、脳卒中など脳の病気でコントロールが効かなくなってしまい頻尿になってしまう場合もあります。
前立腺肥大などで膀胱が過敏になってしまい、起きる場合もあります。
症状が悪化すれば間に合わないで漏らしてしまうこともあります。
頻尿の場合に起きやすいのが残尿感ですが、1回あたりの出る尿が少ないのでどうしても膀胱に尿が残ってしまいます。
すると尿をためるスペースが少なくなっていますから、すぐにおしっこにいきたくなってしまいます。
頻尿の症状を改善したい場合はサプリメントが効果的です効果的なものとしてはノコギリやしや亜鉛などがありますが、薬局や通販などで簡単に入手することが出来ます。
また医者でも抗生物質を処方してくれたり心理的なものが原因であれば、心療内科などで解決することも可能です。
また頻尿に効果のあるツボや体操などもありますので、実践すると効果的です。

更新履歴